【Kの予測】2019就活は厳しい!もう一度言う、厳しいぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どれくらい厳しいか、知ってますか?

控えめに言っても、2019就活は厳しいと思います。

もう一度いいます、2019就活は厳しい!

もう一回言ってやろうか!厳しいぞ!

 

はい、すみません。笑

本当に大事なことなので、3回も声を大にして言いました。

 

ちなみに求人倍率が良くなってるって、あれは新卒だけじゃなくて中途採用や非正規雇用や下手したらアルバイトも含めているので、それで回復しましたって言われても就活生にとってはまったく参考になりません。

それに、特定の業種ばかり求人が膨れ上がっているのも、このグラフを見れば一目瞭然。

※リクルートワークス 大卒求人倍率調査(2018年卒)より

オリンピック需要で大忙しで自殺者も出ている建設業、再配達問題や賃料値上げが話題になった流通業、たしかに人手不足な業界はたくさんあります。あとはワンオペが問題になっている24時間の牛丼チェーンとかもそうですよね。「元気で体力あります!」って言えばだれでも正社員になれるのではないでしょうか?

けど、多くの人は「そんなきつい仕事やりたくない」と思っているので、求人はマッチングしない。だから、倍率なんて参考にならないのです。どうしても牛丼を作りたい!というなら止めませんが、きっとあなたはそうではないでしょう。

じゃあ実態は?

実際、企業も新卒採用をしなくなってきています。

ぼくが働く会社も新卒採用の人数が5年前200人くらいだったのが去年で80人まで減少してます。メガバンクも7万人規模のリストラをやりますし、地方銀行なんてもっとひどい状況です。

こんな状況で、「新卒の社員に投資して、若手から会社を立て直していこう!」なんて思うわけあると思いますか?ギャンブルにもほどがあります。

新卒採用システム崩壊

新卒ってお金がかかるくせに割に合わないんですよ。

研修とか社員寮とか費用ばっかりかかるのに、最初の1年目なんて仕事を覚えるのに精一杯、会社に売上をもたらすことなんてほとんどありえない。一年目は赤字社員だらけなんです。

それでも戦後からバブル期にかけては1社に長く勤めるのが当たり前だったので、赤字社員でも将来利益をもたらしてくれるという意味で新卒に投資をしまくっていたわけです。

けど近年、優秀な若手はどんどん辞めて転職します。なんなら3年以内で3割も辞めます。そうすると投資した分がパーですよね!

それで、企業は「新卒取るくらいなら中途で取ろう」というふうに少しずつ頭を切り替えているので、最近だと転職の求人がめちゃくちゃ増えてきています。中途なら、研修もしなくていいから即戦力で働いてくれるので、投資がそもそも不要なのです。

ただ新卒採用システムを採用しているのは日本と韓国くらいで、海外では転職するのが当たり前です。日本もグローバルにやっと近づいてきたってことだし、いつまでも昭和のシステムを続けている会社に未来は無いとぼくは思います。

そんな中、2019卒就活はどう乗り切ればいいか?

ぼくは就活アドバイザーを始めたときから一貫して「自己分析して企業を絞るな。エントリー数を増やして内定を稼げ」と言っています。

おそらく今年は、例年以上にこのスタイルがマッチするんじゃないかなーと思います。

 

新卒採用が絞られているからといって、どこの企業で絞られているかは分からないから、選り好みして選んだ会社が絞りまくってたら最悪ですよね。自己分析している学生は、採用人数について考えていないことがほとんどなので、自ら険しい道を選んでしまうことがよくあります。

あと、絞るなってことで、ぜひ建設とか流通系の会社も受けるといいと思います。そしたらきっと内定が取れると思いますので、それを滑り止めとして利用しましょう。ほかの本命企業に落ちても就職留年しなくてすみますよね。

それに、これだけブラックブラック言われている業界ですから、もしほかの本命企業に内定が取れたら、堂々と内定お断りの連絡を入れましょう。断りには慣れている業界なので、囲い込みなんて無いはず。それでOKです。

 

就活スタイルについては著書の方で詳しく解説していますので、まだ見ていなければどうぞ。

いまならメアド登録だけで無料配布してます。

→ 無料で読める、Kの著書【就活で勝つための教科書】

 

今年は絶対、視野を広げてエントリー数を増やした学生が勝ちます。

今年は、というより、今年も勝ちます

「自分には向いてなさそう」「なんとなくダサい」って感じで選り好みしていたら、取れる内定も取れなくなってしまいますからね。向いているなんて、働いてもいないのに誰が決めるんでしょうか。

上の図でも、求人倍率11倍(1人の就活生に対して11人分の求人がある)という建設業がある一方で、金融なんて求人倍率0.19ですからね。絞ってる会社は本当に絞ってます。

まずは業界や企業は好き嫌いせずに、受けてみてください。騙されたと思ってやってみると、良い結果に繋がりますよ!

スポンサードリンク

 

ご案内

就活アドバイザーKってナニモノ?

無料で読める、Kの著書【就活で勝つための教科書】

Kが指導した学生たちからの体験談

よく読まれている記事

1位.多くの人が間違えている!就活における正しいエントリー方法とは?

2位.通過しやすいエントリーシートの書き方【必見の20手法】

3位.履歴書やESでの評価を高める自己PRの書き方8ステップ

4位.おすすめの就活本6選

就活ノウハウ、垂れ流し中w

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。