コンサル生のHさん(女子,理系)が2社内定を獲得しました。

どうも、就活アドバイザーのKです。

コンサル生のHさん(女子、理系)が2社内定を獲得しました。

おめでとうございます!

Hさんは僕の主催する「就活マスタープログラム」のコンサル生で、

「内定量産型就活」を実践し、2社内定を獲得しました。

 

内定先はこの2社です。

・株式会社レンゴー

・NEC情報システムズ株式会社

 

 

Hさんから、直々に喜びの声を頂いております。

 

 

■就活を始めたときについて教えてください。

 

大手にいけるかは分からないけど、続けてればいずれ内定はでるだろう、くらいに思っていました。 ただ、実際にはじめてみると、ESを書くのが大変だし、そしてなにより食品は全然ESが通りませんでした。 今思えば、個性的にESを書いて目立つべきだと勘違いしていました。

面接は比較的得意でしたので、ESさえ通過すれば・・・と思っていました。

■マスタープログラムに入ったきっかけを教えてください。

Kさんのセミナーを受け、自分でもこのやり方なら大手に入れるかもしれないし、 入れるもんなら入りたい、頑張って良い結果を出したいと思ったから。

既に何社かESか書いた時期だったので遅すぎるかな、とも思いましたが、 ESの結果が思わしくなかったので、思い切って申し込むことにしました。

■コンサルを受け、ご自身の就活はどう変わりましたか?

ESの書き方:個性を出す→論理重視、読みやすく、分かりやすく。 面接の仕方:思ったことを適当に言う→PRに繋がるように、台本通りに、 説明会:一切行かなくなった。 日々の過ごし方:まぁなんとかなるやろ(お尻ボリボリ)→ES書かねば!!面接準備せねば!!企業研究!!IR情報!!!(たまに、なんとかなるやろ…)   頑張ったおかげで面接で自信持って発言できるようになりましたし、  何よりも自分自身が就活に真面目に取り組むようになりました。(笑) 

■最後にメッセージをお願いします。

少しの間ですが、お世話になりました。ありがとうございました。 Kさんのその熱量とバイタリティはどこから湧いてくるのだろうと不思議になるほど私たちに力を注いで頂きました。 面接練習とか、プログラムの学生で集まって何度も指摘し合いながら練習して・・・今考えると面白い体験をしたなぁと思います。いい経験になりました。 あ、あと、焼肉ごちそうさまでした!!!   最後に後輩へ。 どうせやるなら片手間ではなく、自分なりに頑張ってほしいです。 なめてたら内定なぞもらえません。 がんばれーーー!!!

 

Hさんはいわゆる「リケジョ」で、 周りが大学院に進む中、学部卒で就活に取り組み、このような結果を出しました。

初めは企業に関する知識もなく、「大丈夫かな?」と少し心配していましたが、 知識の無さを努力でカバーしていき、就活後半はかなりの確率で面接を通過していました。

受けていた会社は女性の少ないメーカーやIT業界が中心でしたが、 そのハンデを感じさせること無く次々に選考を突破していき、 最終的には納得のいく形で就活を終えることができたようです。

Hさんの今後の活躍にも期待したいと思います。

 

それでは、ここまでお読み頂きありがとうございました!

今日の記事が役に立った人は、このセミナーもオススメです