Kが行っていた就活法はここで紹介してます。(無料)

やりたいことは無いけど高収入を得たいあなたに最適な就活法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうも、就活アドバイザーのKです。
今回は、「将来やりたいことが見つからない」という学生が、
就活をやるときにどんな行動を取ったらいいのか?ということについてお話したいと思います。

ところで・・・

自分が将来やりたいこと、ありますか?

たぶん、無いですよね。(完全な決めつけ。笑)

 

僕の予想では「やりたいことなんて無いけど高収入を得て安定した暮らしをしたい」という学生が9割だと思ってます。

たぶんこのデータは正しいです。たぶん、ですけどね。

ま、僕もまさしくそれだったし。。。たぶんみんなそうでしょう。笑

 

そんな9割の学生へ向けた、就活の取り組み方についてのお話です。

 

やりたいことなんて無くて当たり前

今回はぶっちゃけ話だけをひたすらしていきますね。

あなたにお聞きしますが、社会人になってやりたいことってありますか?

やりたいことや将来の夢に向かって必死に努力している学生には非常に申し訳ないんですけど、
実は、そういう学生は多くはないのです。

 

ぶっちゃけ、僕の大学生の頃はそんなもの微塵も無かったです。

「普通に就職して、給料が高くてホワイトな仕事をして、不自由ない生活をしたいな〜」

なんてことをずっと思っていました。

 

ただ、大学はキャリアセンターとか就職支援室みたいなのがあって、
ある時期になると就職支援をスタートしてきます。

記憶が正しければ、なんか大学で定期的に「キャリアシート」みたいなのを書かせられたと思います。

ああいうの書かせられるから「どこか業界を志望していなきゃいけないの?」って思っちゃうし、
業界を絞って可能性を狭めてしまう原因にもなると思いますけど、
まあ一応書かなきゃいけないですよね。

僕は適当に、毎回「IT系」って適当に書いていました。
情報工学系の学部だったし、別にIT関係の勉強は嫌いじゃなかったので。

 

かといって、こだわりは強くなかったです。

けど、別にIT系じゃなきゃいけない理由だって無かったし、
自動車メーカーでも、機械メーカーでも、商社でも、
別に自分を求めてくれて入社できればそれでいいでしょ、って思ってました。

てかそもそもIT系にすら就職できるか微妙だったから、
入社できるとも限らない業界に対して「自分はIT業界に進みたい」とか言うのはとにかく疑問でした。

やりたい!って言ってもその業界に進めるとは限らないからです。

 

一つに絞ってそれを失敗したら、就職浪人決定でしょ?

就活のチャンスは一度しか無いから、仮にITを志望していたとしても全落ちしたら就職浪人決定ですよね。
そのリスクは大学生であれば誰でも理解していると思います。

なのにキャリアシートとか書かせて
「業界を絞るべきなんじゃないか」
「やりたいことを持っていなければいけないんじゃないか」
というプレッシャーを大学側や就活運営側は与えてきます。

 

大学生がみんな好きなように就職できる世の中なら、
僕もやりたい仕事とか選んで頑張ってたかもしれません。

けど、どう見ても現代社会はどう考えてもそんな世の中じゃない。

やりたいことを絞ることのリスクが大きいと感じる状態で、
何か一つに絞ることは普通できないと思うんですけどね。。。

 

キャリアシートとか書かせてくる大人に聞いてみたいわ。

「あなたたちが大学生の頃、やりたいこととか行きたい業界を絞れたんですか?」って。

絶対そんな人ほとんどいないはずなのに。

みんなリスクヘッジする(被害を最小限にする)ために、
滑り止めとか含めて業界広めに受けたでしょ。

大学受験だって、滑り止めで後期試験受けるでしょ。

それが当たり前なんです。

 

学歴とか能力の問題だってある。

そりゃあ出版社とか広告代理店とかテレビ局とか入れたら楽しそうだけど、
自分の学歴と能力じゃ絶対に入れない。

商社とかゼネコンとかディベロッパーとか入れれば給料も高いし規模のデカいビジネスができそうだけど、
自分の学歴と脳力じゃ絶対に入れない。

誰にでもチャンスはあるとはいえ、
現実的に難しい進路というのは当然あります。

 

けど、自分の学歴と能力ではどの辺の企業に入れるのか分からないし、
かといってキャリアセンターが学歴フィルタについて教えてくれるわけではない。

こんな状態で普通やりたい仕事なんて選べないでしょ。

 

小学生の時に「将来はサッカー選手になりたい」と言っているのとは
見えている世界が違います。

小学生時代は、たしかに誰にでも無限の可能性があった。

だからサッカー選手、パン屋さん、YouTuberってなるわけですよね。笑

これはある意味、「将来が遠すぎてよく見えていない」とも取れます。

 

けど、20歳を超えた大学生にとっては、
「将来は近すぎてくっきり見えているからこそ、現実的な進路を考えられる」
という状況だと思います。

自分の学歴や経験の場合、どんな業界に入れるのか。

将来のキャリアプランを書かせる前に、それを知ることのほうがよっぽど重要だと思うのです。

 

やりたいことは無い。けど、高収入のホワイト企業に行きたい

今、大学生たちのトレンドはバブル景気の頃から比べたら明らかに変わってます。

あれがやりたいこれがやりたい、ではなく、
「できるだけ高収入かつホワイト企業に入りたい」です。
大学生の頃の僕と同じですね。

 

まあこれも、ちょっと弱めの願望ですけどね。

理想を追い求めたり、高望みしていたりするわけではなくて、
少しでも高収入、少しでもホワイト、に入れたらいいな、くらいの話。

そもそもブラック企業に入りたい人はいないと思いますし。

 

 

「業界」よりも「待遇」や「安定性」のほうが重要

だから、「業界」っていうより
「待遇」とか「安定性」で企業選びをするのが普通だと思うんですよね。

 

僕だって、IT系に入れれば理想的だったけど、
IT系のブラック企業には絶対に入りたくない。

じゃあそれって、「業界」を志望しているわけではないですよね。

「IT」か「ホワイト」かで言ったら、「ホワイト」を優先します。

 

じゃあ自分の能力で入れる「高収入でホワイトな企業」はどこなのか?

って考えても、なかなか答えは出てきません。

で、思いつく範囲で考えます。

 

「なんとなく、NTTとかトヨタとか日立とか富士通とか、そういう有名企業?」

「本社には入れなくてもグループ会社くらいなら入れるのかな・・・」

「金融関係も安定してそうだし、先輩で入社した人もいるし自分も行けるかも」

 

こういうことを考えている学生にとっては、(僕と同じように)

業界を絞ったり、自己分析をしたり、OB訪問をしたり、といった

いわゆる一般的な就活は合わないです。

 

そんな意欲があるのか無いのか分からないあなたに
とっておきの就活法

業界や仕事内容ではなく待遇や安定性を見ているわけですから、
「こういう仕事がしたい」みたいな意欲はほとんどないと思います。

別にそれでいいんですよ。

そもそも「待遇なんてどうでもいいからこの業界がいい!」
なんて言っている人ほど、僕は「この先大丈夫かこの人・・・」って心配になります。

 

ただ、採用担当を目の前にしたらそうはいきませんからね。

ESや面接で「できるだけ高収入かつホワイト」なんてことを言っていたら、
採用してもらえる企業はありません。

企業側からすれば、意欲のある学生の方が採用したいと思うに決まっています。

 

そこで、そんな「業界や仕事内容よりも待遇や安定が大事」というあなたに
とっておきの就活法を紹介します。

 

それは「片っ端から受けられるだけの企業を受けていく」という方法です。

 

なぜ片っ端から受けていくと理想の企業にたどり着けるのか?

業界や仕事内容で企業を絞る気がないのなら、
その気持ちを大事にしたまま、企業を絞らずに受けていきましょう。

「え、それってキツそうじゃん!」なんて言わないでくださいね。

実は片っ端から受ける就活法(分かりにくいのでK式就活法って呼びます)は、

意外と効率的だし、マジで内定が取りやすい方法です。

 

K式就活法のポイントは大きく2つあります。

1:最低限のフィルターはかけておく

2:その業界に絞っている学生になりきる

 

最低限のフィルターって?

まず1の最低限のフィルターですけど、

片っ端から受けるとは言え、全企業を受けていたら日本だけで400万社以上あるので
多少のフィルターをかけないと途方にくれてしまいます。

ただ、「自分が行きたい業界」とか「向いている仕事内容」っていうフィルターは不要です。
これを考え出すと失敗へと転落します。

 

それよりも

「平均年収が600万円以上」

「離職率が低い」

「ブラック業界は外す」

こういういうフィルターをかけていくと、
自分の理想とする「待遇と安定性」を手に入れることができます。

※ネットとか就職四季報とか読めば、調べられます。

 

それと、いくら待遇が良くても無謀な企業を受けてもあっさり落とされるだけなので、

「自分の学歴で入社実績のある企業を受ける」っていうフィルターも大事。

※これはキャリアセンターに行けば調べることができます。

 

業界に絞っている学生になりきるって、どういうこと?

片っ端から受けていったとしても、
「片っ端から受けてます!」って言ったらダメってことです。

そしたら「うわ、こいつ第一志望じゃなくて滑り止めでうちを受けてるな」

って気づかれます。

企業側は第一志望で受けている学生の方を入社させたいと思うはずなので、
片っ端から受けてるオーラは嫌われるということです。

だからK式就活法を実践するなら、
「御社が第一志望です」という姿勢を貫くことが大事。

何を質問されても、いかにもその業界を志望してる学生が言いそうなことを答える。

 

例えば

「他に受けてる企業は?」と聞かれたら、「御社の競合である◯◯と△△を受けています」

「将来の理想のイメージは?」と聞かれたら、「御社、そしてこの業界を代表して引っ張る存在になります」

みたいな。笑

ESだろうが面接だろうが、とにかくこの姿勢を貫きます。

 

この姿勢を貫いて答えきることができれば、
採用担当にはあなたがK式就活法を実践していることはバレません。

 

たしかにこの方法はキツイです。

貫くとは言え、いろんな企業に対してこれを実践していくわけですから、
受ける業界や企業すべての知識が必要だし、情報収集もマメにやらなくてはいけません。

最初はキツイです。

 

ただ、このやり方を何社も実践していくことによって、
かなり視野が広くなるし、幅広い業界に対する知識が手に入ります。

業界って、違う業界とは言えどこかで結びついていたりします。

 

例えば食品業界だとしても、関わる業界は超いっぱいあります。

食品を運ぶ物流業界、

食品を販売するコンビニやスーパー、

小売業界へ食品を卸す食品卸や商社、

食品のCMを放送する広告代理店やテレビ局、

食品パッケージの制作会社、

パッケージを制作する機械を作る機械メーカー、

パッケージのデザイン会社、

食品の原材料を作る農家や工場、

etc・・・

 

と、数え切れないほどの業界が関わります。

だからK式就活法を実践していると、

「いろんな業界に対して調べた知識が結びつく」という瞬間がたくさん起こります。

その業界を単品でしか知らない学生と比べて、
幅広い知識を持っている学生の方がより深い志望動機や説明ができるので、

実は業界を絞るよりも面接での印象は格段に上がります。

 

内定はジャンジャン量産されるので、理想の企業を選んで入社する

最初はキツイけど、しっかり実践すれば面接では敵無しになります。

その結果・・・いろんな業界から内定がジャンジャン量産されていきます。

4社とか5社とか取るのは当たり前、そんな世界が待っています。

 

最初はキツイけどね!(挫折しないように、何度も言っておきます笑)

 

そしたら、取れた内定リストの中から自分の理想とする企業を選びましょう。

一番ホワイトな企業を選んでもいいし、

高収入の企業を選んでもいい。

 

内定リストの中から選択する権利が与えられているので、
どう選ぼうが、あなたの自由です。

 

やりたい仕事なんて最初は無かったと思うけど、

選考を受けていく中で何か見つかったのだとしたら、その企業を選んでもいい。

 

内定リストに対しては、

あなたは自由な選択をすることが許されますから。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

僕は、やりたいことがない、もしくは、見つからない学生ほど、

就活ではチャンスがたくさん眠っていると思います。

 

「◯◯業界に入りたい」とか言っている学生は、

その業界ばかりを見過ぎて、チャンスを狭めてしまいがちですが、

やりたいことがないということは、チャンスが無限に広がっているということです。

 

「やりたいことを早く見つけなくては!」と

焦る必要はありません。

 

その代わり、視野を極限まで広げて就活を行って、

たくさん内定が取れるように努力していきましょう。

 

やりたいことを見つけるのは、

就活を終えてからで十分ですよ。

 

では、また。

スポンサードリンク








ご案内

就活アドバイザーKってナニモノ?

無料で読める、Kの著書【就活で勝つための教科書】

Kが指導した学生たちからの体験談

よく読まれている記事

1位.多くの人が間違えている!就活における正しいエントリー方法とは?

2位.通過しやすいエントリーシートの書き方【必見の20手法】

3位.履歴書やESでの評価を高める自己PRの書き方8ステップ

4位.おすすめの就活本6選

就活ノウハウ、垂れ流し中w

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す