就活コラム

【就活生へ】親との付き合い方、カンペキな答え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

就活生と親、接し方について1つの答えを出します。

twitterでこんなことを書きました。

親から色々言われてパニクっている大学生、少なくないと思います。ぼくも就活がうまくいってなかったとき、「地元(新潟)に帰ってこい」「一年勉強して公務員になるのも悪くない」など色々言われました。正直、言われるたびに心は動いたし、悩みました。

「親は帰ってほしいと言っている。けど、新潟には就職したい会社はないし、東京本社の大企業に入社したい・・・」

けど、何回か言われるうちにだんだんウザくなってきます。「わかったから、切るよ!」と電話を切ったことも。就活もうまくいかなくて、イライラしてたんですね。

親の目線

そんなとき、ふと「親の目線になって考えてみる」ということをやってみました。考えてみたら、親は親で「うまくいっていない息子に、何か少しでもアドバイスできれば」と思って、良かれと思って言ってくれたんだと思います。新潟から出たことがない親なので、できるアドバイスは「帰ってこい」と「公務員になれ」くらい。「就活うまくいかなくても気にするな、帰る場所はあるぞ」と。就活がうまくいかずに自殺する学生も毎年100人以上いるこの世の中。息子を安心させるために精一杯のアドバイスだったんじゃないかと思いました。

すべて無視することにした

ただ、ぼくは「親からのアドバイスはすべて無視をする」という決断をしました。ぼくはどうしても東京の大企業で働きたかった。新潟に帰りたくなかったのです。無視をすることに決めたぼくに求められたのは、内定という結果でした。「親から心配されるようじゃダメだ、結果を出せばいい。」そう思って死ぬ気で努力した結果、内定4社獲得して親に最高の報告をすることができました。

これが、あなたが親へできる一番の愛情表現であり恩返しだと思うのです。就活中のあなたのためを思って、親は精一杯のアドバイスをくれます。けど、自分の希望の進路を実現したいのなら、無視して結果を出しましょう。結果さえ出れば、文句を言う親はいません。親を不安にさせているのは、あなたに内定という結果が出ていなかったり、進路に対する考えがフワフワしていたりするから。

アドバイスは無視。結果で納得させる。

これが、大学生が行うべき親とのコミュニケーションの答えです。

・・・うん。答えです。たぶんね。

え?まあ、実際は人それぞれですが、自分自身が頑張るしかないというのは事実です。

心配している親への対応。少し考えてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

全187P【今なら無料プレゼント】
正しい手順が1冊で学べる就活の教科書

就活の正しいやり方が分からず、「このままでは1つも内定が取れないんじゃないか・・・」とお悩みではありませんか?勇気を出して自己分析して過去を振り返ってみたのに、大した強みや軸が出てこなくて途方に暮れていませんか?本書はそんなあなたの悩みを解決するために書きました。


就活は今後の人生数十年を決定づける超絶重要な一大イベントにもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに面接を受け、せっかくのチャンスを無駄にしてしまう方がとても多いのです。私がいただくご相談は、「基礎的な知識が不足している」「間違った知識に流されている」という理由で、選考に落とされ続けているというケースがほとんどです。


■就活を学べる環境が周りにないので、正しい知識を一から学びたい

■一度きりの就活だから絶対に失敗や後悔をしたくない

■せっかく受験を乗り越えて今の大学に入ったから、良い企業に就職して親孝行したい

■行きたい企業が明確なわけではないが、残業が少なく福利厚生が充実しているホワイト企業に入りたい


こうした方のために、正しい就活法の手順を全てまとめました。就活に対する知識不足から不安になったり、間違った行動をしてしまわないために必要なことばかりです。ぜひ今すぐダウンロードし、正しい知識を身につけて失敗のない就職活動を行ってください。


無料でダウンロードする