【エントリーマスターコース】〜エントリーする企業選び、具体的なエントリーの方法、エントリー時の質問の答え方〜

みなさんこんにちは、Kです。

この記事ではエントリー攻略の全手法ということで、就活におけるエントリーについてかなり深堀りして、エントリーの方法だったり、こういう考え方でエントリーしたらいいよということについてお話していきたいと思います。

色々読んでいく前に、就活の基礎が学べるこの記事を読んでください。就活の基本概念を分かりやすく全部詰め込んでおきました。サクッと読めるのでどうぞ!

就活で絶対に知っておくべき基本概念

【全学生共通】就活の大まかな流れと基本概念

2020年1月15日

基本概念は理解いただけましたか?良ければ本編に行きますね。

まずアジェンダです。

まずは「エントリーするべき企業」。どの企業にエントリーしていったらいいのかをお話します。「エントリーする企業のおすすめありますか?」ってよく質問されるんですけど、僕のおすすめもあるっちゃあるんですが、その人によって入りやすい入りにくいがあって、もちろん入りやすい企業の方がオススメです。どんな観点でエントリーするべき企業を選べばいいのかについてお話します。

次は「エントリーの方法」についてです。エントリーの方法は色々とやり方があるのですが、各やり方によってあなたの評価のされ方が決まってしまいます。こうエントリーしたから志望度が高いとか低いとかね。志望度が高いと思われたほうがもちろん良いので、その方法についてお話します。

最後に「エントリー時の質問の答え方」です。エントリーするときにプロフィールを入力すると思うんですけど、それ以外にサークルとかアルバイトとか留学経験とかTOEICの点数とか色々聞かれると思うんですけど、知っておけば頭使わずにポンポン書けると思うので、答え方は学んでいただきます。

1つ重要なことを言いますが、就活は最初がとても大事です。最終的に内定を取るのがゴールではありますが、その過程としてエントリー、ES、面接と進んでいきます。この流れの第一関門であるエントリーを失敗してしまうと、その後のESや面接の内容が良かったのにあまり評価されないとか、そういうこともありえます。

なので個人的にはエントリーのやり方ってめちゃくちゃ重要だと思うんですけど、ここを徹底解説している就活本やブログってあんまりないです。エントリーをしっかりマスターすると就活全体が良い流れで進んでいくようにもなるので、ぜひ身につけていただきたいと思います。

1.エントリーするべき企業の見つけ方

まずはあなたがエントリーするべき企業を見つける方法についての解説です。

1つずつ記事をたどりながらお読みいただけると、マスターできます。

どの企業にエントリーするべきか?

【エントリー攻略①】どの企業にエントリーすべきか?

2020年1月15日

受かりやすい企業を見極める4つのポイント

【エントリー攻略②】受かりやすい会社を見極める4つのポイント

2020年1月15日

自己分析じゃない!受ける企業を選ぶときのポイント

【エントリー攻略③】自己分析じゃない!受ける企業を選ぶときのポイント

2020年1月16日

「序盤に1社目内定」ができると就活はうまくいく

【エントリー攻略④】「序盤に1社目内定」ができると就活はうまくいく

2020年1月17日

失敗事例:就活失敗する人がやってしまいがちな間違った企業の選び方7パターン

【エントリー攻略⑤】失敗事例:就活失敗する人がやってしまいがちな間違った企業の選び方7パターン

2020年1月17日

 

しっかり理解できましたか?それでは次に行きます。

エントリーする企業の見つけ方、具体的な方法2つ

ここからは具体的な方法に行きます。2つの方法を紹介しますので、早速実践していきましょう。

1つは就職四季報

2つ目は大学の就職課の情報です。

こういう情報を使わない学生は本当に甘いです。一般公開されている情報すら使わずになんとなくリクナビ探してみたり、友達からこの企業良いって聞いたから受けたとか、そういう学生は本当甘いし失敗して当然です。まだ利用していない場合は、以下の記事から使い方をマスターしていきましょう。

就職四季報で注目すべき4つのデータ

【エントリー攻略⑥】就職四季報で注目すべき4つのデータ

2020年1月20日

就職課(キャリアセンター)の正しい活用方法と失敗例

【エントリー攻略⑦】就職課(キャリアセンター)の正しい活用方法と失敗例

2020年1月20日

まずはエントリーする企業リストを作れ!!

【エントリー攻略⑧】まずはエントリーする企業リストを作れ!!

2020年2月4日

さあ、記事のとおりに実践したらリストが作れましたね。

2.具体的なエントリーの方法

受けるべき企業を見つけて、リストを作るというところまで進んだとします。ここからは実際にどうエントリーしていけばいいかをお話していきます。

実はエントリーの方法1つであなたは大きく評価されたりされなかったりということがありますので、けっこう重要になってきます。エントリーの方法だけで意欲を伝えることも可能なので、ぜひ理解してくださいね。

エントリーの方法は色々あります。

リクナビなどのサイトからポチポチエントリーできたり、送られてくるメールからもエントリーできたりします。合同説明会がエントリーの場になっているケースもあって、エントリー用紙を配られてそこで名前を書くとエントリー完了みたいになります。あとは学内掲示板、人材紹介会社などの紹介とかもあります。

とまあ色々あるのですが、最もおすすめできるのが企業HPから直接エントリーというやり方です。企業HPに進んで、採用ページの中からエントリーしていくという方法です。

以下の記事で学んでください。

就活ナビサイトの本当の仕組み

【エントリー攻略⑨】就活ナビサイトの本当の仕組み

2020年2月10日

エントリーだけであなたの評価を一瞬で上げる最強の方法

【エントリー攻略⑩】エントリーだけであなたの評価を一瞬で上げる最強の方法

2020年2月10日

エントリーする企業を正しく選び、かつエントリーの具体的な方法も正しく行っていくことで、どの企業を受けてもエントリーの時点で減点もないしむしろ加点された状態に入っていけるような、どんどん良い循環に入っていくことができます。これをぜひ繰り返していってください。

3.エントリー時の質問回答の攻略

リクナビとか色んなサイトからエントリーするとき、「この質問どう答えたらいいんだろう?」と悩むことは就活を通して100回以上はあるはずです。そのたびに無駄な時間を使い、無駄な考えに頭を使い、結局最悪の選択肢を選んでマイナス評価を貯めて、落選確定の道を歩むことになります。

代表的な質問の回答方法はまとめておきましたので、ぜひブックマークしておきましょう!

【エントリー・履歴書質問マスターコース】〜記述質問、選択質問、趣味特技など完全網羅!〜

2020年2月10日

まとめ

全体の流れとして、まずエントリーすべき企業をどうやって選んだらいいのか、という話をしました。とにかく受かりやすい企業からエントリーしていきましょう、ということでしたね。

次に同エントリーしたらいいのか?ということで、内定が取りやすい方法として企業HPからのエントリーをオススメしましたが、受かりやすさを常に意識しながら行動すべきだということをお話しました。

最後にエントリー時の質問について、どう回答したら内定が出やすいのか、ということを常に考えて回答すべきだとお伝えしました。「いや、嘘はつきたくないから自分のありのままで答えたい」という学生もいますけど、じゃあありのままのあなたは企業から引っ張りだこにあうほど優秀なんですか?ということです。優先順位がおかしいと僕は思います。

そうじゃなくて、少しでも上を目指したいとか、今の自分に自信があまり持てないというのなら、少しでも自分が優秀だとアピールできるような回答をしていく必要があります。そのために、自分の意志を一旦捨てる必要があると思います。

たとえば企画とかマーケティングの仕事を本当にやりたいとしても、それを志望しても内定が取れない可能性は高いし、エントリーはできても年によっては一人も採用させないこともあります。入社してから希望を伝えることはできるので、何よりも大事なのはまず入社することです。

ここは一回自分の意志は捨てて、受かりやすい企業、受かりやすい職種、受かりやすいエントリーの方法を選んで、内定することだけを意識していきましょう。

謙虚さを忘れないようにしよう。

もう一つ、これは態度とかスタンスの話なんですけど、とにかく謙虚に就活やっていったほうがいいです。

職種選び1つとっても言えることです。営業をまったくやっていない新入社員が、企画とかマーケティングできるかというと、まあほとんどの場合無理です。

企画だとしたら、商品を売ったことすら無いのに、売れる商品の企画をしたりすることができるでしょうか。マーケティングだとしたら、もっと売れる方法について営業の社員に指示することもありますが、営業現場に出たこともない新入社員の言うことを営業の人達が聞いてくれるでしょうか。もちろんセンスがあっていきなりマーケティングで活躍している人も中にはいますが、ごく少数の優秀な精鋭たちだと思います。

冷静に自分を見つめ直して、あなたがそういう人材じゃないという自負があるのなら、受かりやすさだけにフォーカスして営業で入社したほうが絶対に良いです。もし本当に企画やマーケティングをやりたいなら、入社して営業で実績を上げてから異動届を出しましょう。決して遅くはないはずです。

思考停止は死。

就活全体にも言える話ですが、思考停止にならないことはとても重要です。

要は、自分の頭でしっかり考えて、どう行動すべきかを決めていくということです。仮に僕が解説した内容でも、「何でその方法だと受かりやすいのか?」ということをしっかり自分で納得できるまで考えましょう。

就活は毎年アップデートされていくので、今後も新たな質問や選考スタイルが導入されていきます。そんなときでも冷静に、これまでの考え方をベースにして、どう行動したらいいのかを自分で導き出せるのが理想です。もしまだ理解しきれていない部分があれば、腑に落ちるまで何度でも読み返してみてください。見返したタイミングによっては新たな発見もあると思いますので、教科書のように利用していただけたらうれしいです。

ありがとうございました!!!

今日の記事が役に立った人は、このセミナーもオススメです