【エントリー・履歴書質問マスターコース】〜記述質問、選択質問、趣味特技など完全網羅!〜

 

この記事は編集中です!随時更新していきます。

 

こんにちは、Kです。

エントリーマスターコースに引き続き、エントリー時や履歴書の質問回答についてマスターできる少しマニアックなコースです。僕は面接が苦手だったので、他の要素で部分点が稼げるようなこういうテクニック系の記事は大好きなので、めっちゃ詳しく解説していきます。

たかが質問回答、そんな記事書いて需要があるの?・・・いやいや、めっちゃ需要があることは分かっています。リクナビとか色んなサイトからエントリーするとき、または履歴書に書いてある細かい質問に答えるとき、「この質問どう答えたらいいんだろう?」と悩むことは就活を通して100回以上はあるはずです。

そのたびに無駄な時間を使い、無駄な考えに頭を使い、結局最悪の選択肢を選んでマイナス評価を貯めて 、落選確定の道を歩むことになります。(エントリーの時点で落選確定になったら、ESの内容がどんなに優れていてもほぼ落ちます)

ほとんどの人は「よく分からんから正直に答えておこう」「本当はそう思ってないけど、アピールになりそうだからこの選択肢選んでおこう」といったように、なんとなく答えるしかないと思います。その適当に選んだ回答がもしかしたらマイナス評価を受けているかもしれないのに。。。

一方、この知識があればエントリーするときの質問全てに100点に近い回答をしていけるし、何より迷いがなくなるので答えるのが一瞬で終わるから超効率的です。答えを知りながら穴埋めしていくだけなので、エントリーしても疲れが溜まらないです。

ということで、就活ノウハウの中では少し番外編になりますが、エントリーするときに入力していく質問項目について、答え方をご紹介していこうと思います。

まずスタンスとして正直に答えたらそれがいいのかというと全然そんな事はありません!

余計なことを書いたら減点されるので、内定に結びつけるためにはどう答えたらいいのかというのを論理的に考えながら答えていきましょう。選択肢の中には「それはあなたのような学生のための選択肢じゃないよ」というものもあります。なんの関係もない質問もあれば、もちろん関係が深い質問もあるので、その属性の見分け方もご紹介していこうと思います。

あと質問に対して「なにか書かないとまずいかな」と思いがちですけど、そんなことはありません。先程もお話しましたが、「就活の軸はなんですか」と聞かれると、就活の軸って作らなきゃいけないのか!!って思いがちですけど、そんなことはありません。実際の軸なんてあってもなくてもいいので、「あくまでもその質問で高得点を取るにはどうしたらいいのか」ということを考えれば大丈夫です。

①当社を知ったきっかけは?の答え方

【エントリー・履歴書質問①】当社を知ったきっかけは?の答え方

2020年2月10日

②志望職種、志望部署の内定が出やすい答え方

【エントリー・履歴書質問②】志望職種、志望部署の内定が出やすい答え方

2020年2月10日

③希望勤務地に本当の希望を書いてはいけない

【エントリー・履歴書質問③】希望勤務地に本当の希望を書いてはいけない

2020年2月10日

④資格欄は空欄でも大丈夫なのか?

【エントリー・履歴書質問④】資格欄は空欄でも大丈夫なのか?

2020年2月10日

⑤英語・留学経験が無いときの答え方

【エントリー・履歴書質問⑤】英語・留学経験が無いときの答え方

2020年2月10日

⑥趣味・特技欄のスマートな書き方

【エントリー・履歴書質問⑥】趣味特技欄のスマートな書き方

2020年2月12日

⑦部活・サークル欄で恥をかかない正しい書き方

【エントリー・履歴書質問⑦】部活・サークル欄で恥をかかない正しい書き方

2020年2月26日

⑧研究室、ゼミ欄の書き方

【エントリー・履歴書質問⑧】研究室、ゼミ欄の書き方

2020年2月26日

アルバイトとインターンです。意外と突っ込まれやすい質問になります。まずアルバイトは稀に質問されるので、自己PRのエピソードまで作らないとしても、軽くアルバイトの説明はできるようにしたほうがいいと思います。どういう仕事内容で、普段から意識してることとか学んだことくらいはサラッと答えられるようにしておきましょう。

インターンについては、書くと確実に質問を受けます。確実に聞かれるからこそ答え方は重要で、まず長期インターン以外は特に書く必要はないです。1dayインターンとかほとんどアピールにもならないし、逆に「うちじゃなくてインターン行った企業の方が志望度高いんじゃないの?」とか思われても逆効果です。確実に質問されるからこそ、突っ込まれたときにちゃんと説明できるようにしておきましょう。長期インターンに行っていたなら、自己PRのエピソードとして作っておいたほうがいいです。逆に、特にアピールすることがなければ空欄でも問題はありません。

卒論テーマや、研究概要です。大前提として、採用担当はあなたと初対面です。初対面なので、あなたの研究テーマも知らなければ、研究概要についても今はじめて知ることが大半です。なので、誰が見てもわかり易い内容で書くことがとても重要です。マニアックな専門用語は外して、敢えてわかりやすい表現で文章を書くようにしましょう。

テーマや概要について話すときにおすすめの流れがあります。それは、「過去」→「現在」→「未来」という流れで3:5:2くらいの文章量で書く、というものです。時系列法とでも呼ぶことにしましょう。この時系列法における過去とは、これまでのあなたの研究の取り組みや、研究そのものの概要、このテーマがどんな形で研究されてきたのかというテーマそのものの過去の歴史について話します。続いて現在については、今まさにこういう研究をしています、この目標に向かって今やっている調査とか実験について話します。ここが一番ボリュームが出てくる部分です。そして最後に未来のこと、最終的にこういう形で卒論を仕上げる予定ですとか、自分の研究を進めた上で現代社会においてこういうことに活用できますみたいな発展型の話などをすると良いかと思います。

この時系列法の注意点としては、マニアックなテーマであればあるほど過去の比重を多めにしたほうがいいです。3:5:2が基本ですけど、過去を4とか5にして概要説明にボリュームをもたせたほうがいいと思います。背景を理解してもらえなかったら、その後の現在とか未来の内容も理解されない可能性が高いですので、しっかり理解してもらえるくらい概要を詳しく書くようにしましょう。

そもそもなんですけど、卒論のテーマは早めに決めたほうがいいです。エントリーの時点から卒論のテーマを書く欄があるので、もしまだ決まっていないなら早めに決めておいたほうがいいと思います。教授に相談してテーマ設定だけでも早めに行うことはできると思うので、まだ未定なら早めに動きましょう。

自由記述欄についてです。エントリーのフォームの一番最後のところに自由記述欄があることがあって、学生からも「何を書いたらいいんですか?」と質問されることがけっこうあります。もちろん自由記述欄なので何を書いてもいいのですが、せっかくだから意気込みみたいな文章を書いてみては?というのが僕からの提案です。

例えば、「私の強みは、〜〜の経験から身につけた○○です。この強みを生かして、どんな条件でも成果を挙げられる営業として貴社に貢献し、ひいては社会に貢献できる人材になっていきたいと思います。何卒よろしくお願いいたします。」みたいな感じ。このままテンプレとして使ってもらってもいいし、ちょっと短めなので一言追加したり加工して使っても大丈夫です。あくまでも自由記述欄なので、全く見られていないかもしれないし、空欄にしたとしても評価に差はないかもしれません。とはいえ、空欄だと意欲が低そうに見える可能性があるので、このテンプレ文を使いまわしていただけたらと思います。

今日の記事が役に立った人は、このセミナーもオススメです