【エントリー・履歴書質問③】希望勤務地に本当の希望を書いてはいけない

希望勤務地、の正しい答え方

続いて希望勤務地です。

これも重要ですが、まず大事なことは仮に勤務地を書いたとしても通らない可能性がとても高いということです。関東勤務を希望しても最初は地方に飛ばされるとか、そういうことも普通にありえます。大企業だと特にその傾向は強いです。「若手のうちに地方を経験しておけ」とか、考えは古臭いかもしれませんが、伝統的にそうしている会社もたくさんあります。

なので、一旦自分の意思は捨てて、受かりやすさだけを考えましょう。

どんな学生に内定が出やすいか、それに合わせて希望勤務地の答え方を工夫しましょう。

ベストな回答は「全国どこでもいけます」

例えば「都内だけしか考えられない」という学生よりは「全国どこでもOKです!海外勤務もぜひ!」みたいな何でもウェルカムな学生の方が人事としては扱いやすいです。あんまりこだわりを強く出しても受かりにくくなるだけなので、ベストな答えは「どこでもOK」ということになります。

というより、どうせ都内だけを希望しても地方に飛ばされることもあるし、なにか書いたとしても基本的に無視されますので、「自分は入社して地方に飛ばされても文句言わない、扱いやすい社員だよ」ということを嘘だとしても一旦アピールしておいて、まずは内定を取ることにフォーカスしましょう。

そしてもちろんこれも志望部署や職種のときと同じで、入社してから本当の希望勤務地をアピールする場はたくさんあります。本当の希望勤務地は後からちゃんと訴えればよいかと思います。

地域をこだわりたいなら、地域採用をしている会社を探そう

ただ、「地方転勤なんてあり得ない!!」という人もいますよね。あなたがそうだとしたら、そもそも全国転勤があり得るような企業を受けることはやめたほうがいいです。

希望が通らなかったらどうしようという不安を抱えながら就活するのも負担になりますから、地域採用とか、転勤なしで働ける企業だけに絞って就活をやりましょう。そういう会社も探せば山ほどあります。

ただですよ、もしその会社が業績が良くてどんどん大きくなっていくとしますよね。そうしたら、入社してからその企業が全国展開やグローバル展開を途中から始めて、あなたがその展開に巻き込まれることもあります。将来のことを考えたら、絶対に転勤なしで働き続けられるという保証はどこにもありませんから、勤務地は正直運命だと思ったほうがいいと思います。

まあそれでも嫌なら転職するという手段もあるし、入社後のことは今は分からないので、その辺は入社後に考えたら良いことです。現時点では受かりやすさだけにフォーカスして、最も高い評価を得やすい回答をしましょう。

今日の記事が役に立った人は、このセミナーもオススメです