【エントリー・履歴書質問④】資格欄は空欄でも大丈夫なのか?

資格欄の答え方

続いて資格です。「資格って何かあったほうがいいですか?」と聞かれることが多いので、解説しておこうと思います。

いきなり結論ですが、就活に資格は全く必要ありません。持ってなくても就活に支障はありませんので、今から資格を取るために勉強を始めるとか、暴挙に出ることはやめてください。

僕の場合、資格欄には「普通自動車一種免許」しか書きませんでしたが、一流企業から内定取れたし、選考においても特になんの問題もありませんでした。もし入社してから働くための専門的な資格があるなら、入社してからその資格を取るためのカリキュラムがあったりもするので、大学生の今から取っておくべき資格は一つもありません。看護師とか歯科衛生士とか、学校に通わなきゃいけないような専門的な職種は除きますが、営業とか事務系、そして理系の技術職や研究職で受けるにあたって必要な資格はありません。

資格欄が空欄でも問題なし。下手に書くと突っ込まれることも。

 

資格って色々ありますけど、それが仕事に使えるかどうかは分かりません。というかほとんど使えないことのほうが多いです。

なので正直に、あなたが今持っている資格を書けばいいと思います。無しなら無しで良いでしょう。資格の欄があるのに空欄だと気持ち悪いと思いますが、別に気にしなくて大丈夫です。むしろ変な資格を書いたらそこで突っ込まれたりもするので、都合の悪いような資格を書くくらいなら書かなくてOKです。

例えば英語がそんなに得意というわけでもないのに高校のときに取った「英検2級」を書くとします。すると、人事からは面接で「じゃああなた英語できるんだ、海外勤務も興味ある?英語自信あるの?」と質問攻めにあう可能性があります。そこで「いやあ、今は全然です」とか言うと人事からはガッカリされますよね。わざわざ書いた資格でガッカリされるくらいなら、最初から何も書かずにいったほうがマイナスにならないから良いと思いませんか?

もちろん英語力を武器にして就活でもグローバル採用を狙うようなやり方なら、英検について書いてもいいかもしれませんが、英検なんて持ってなくても英語できる人はいっぱいいるし、資格以外のアピールをすればいいだけですので、そういう意味でも書く必要はないと思います。

資格欄は、専門的な職種を受ける人のためのもの

そもそも資格欄というのは、専門的な職種を受ける人のための質問なのです。一般人には何の関係もないのですが、エントリーや履歴書では同じフォーマットを使用するので、質問として無くすことができないのです。

例えば極端な例ですけど、経理を志望してる学生で公認会計士とか簿記の資格を持っている、とかだったら書けばもちろん有利になります。だけど、経理のような職種を受けていない学生にとっては、書いても書かなくてもプラスもマイナスも無いですから、資格欄はあってないようなものです。だから企業もそこが空欄だとしても特に意識していません。

他にもこういう「特定の誰かのための質問」というのはあって、何を書いてもプラスにもマイナスにもならないだけなのに、どう答えたらいいのか悩んで時間を浪費してしまう学生も多いです。迷う前に、「これは誰のための質問なのか?」と冷静に考えてみるといいと思います。

今日の記事が役に立った人は、このセミナーもオススメです