【エントリー・履歴書質問⑨】アルバイト・インターン欄で失敗しない書き方

アルバイトとインターン欄で失敗しない書き方

アルバイトとインターンについての書き方を解説します。これは面接でも意外とツッコミを受けやすい質問になりますので、しっかりマスターしましょう。

アルバイトはアピールというより「事務連絡」的なノリで。

まずアルバイトについてはかなり質問されるので、自己PRのエピソードまで作らないとしても、軽くアルバイトの説明はできるようにしたほうがいいです。

どういう仕事内容で、普段から意識してることとか学んだことくらいはサラッと答えられるようにしておきましょう。自己PRをアルバイトで作っている場合はそれをそのまま伝えればいいので特に問題は起こらないと思います。

工夫とか頑張ったこととして自信がなくても、一応書くことをオススメする

ただ、ここまで紹介した部活・サークルとか英語とかと違うのは、「自信がなければ書かない」という手段は取る必要がないということです。ちょっと具体的に説明します。

まず大学生の9割以上がアルバイトをしたことがあるというデータもあるので、「やりませんでした」で押し通すのは少し不自然になる可能性があります。「生活費どうしたの?」とか質問がブレる危険性もありますし。なので嘘にならないように、1つでいいのでアルバイトは書くようにします。一応やってました、という事務連絡みたいなノリですね。笑

すると面接で「アルバイトで頑張ったこと」をめっちゃ聞かれるんですけど、本当に頑張ったことがなくて「生活費稼ぐためにやっただけなので、そこまで意識して頑張ったことは無いですかね」と伝えてもアルバイトの場合はマイナス評価にはなりにくいです。

だって世の中、そういうアルバイトもありますよね。僕も居酒屋のホールやってたときは超無気力でやってましたし。イベント会場の片付けバイトもそう、深夜のガソリンスタンドもそう、工夫とかせずただただ体力を消耗してお金をもらっていただけでした。そこは素直に伝えていいと思います。

自信がないアルバイト話で盛り上がったら負けパターン

素直に伝えるとしても、伝え方は工夫しましょう。例えば「生活費目的でアルバイトをやっていた程度なのですが、居酒屋のキッチンで働いていました」みたいに「大したことありませんよ感」を出せば、面接官もそこまで突っ込んできません。他の質問にスムーズに映ってもらえれば、勝ちです。

最悪のケースは「アルバイト以外でアピールしないのにアルバイト話で盛り上がってしまう」ということです。こうなってしまったら最悪です。面接自体は盛り上がっているのに何のアピールにもならずに負けてしまう、最悪のパターンになってしまいます。なのでサクッと説明してサクッと終わって次に行けるように、あまり話が膨らまないように説明するようにしましょう。

アルバイトはどんなにアピールしても「所詮バイトでしょ」って思われがち

例えば「レジ打ちのスピードを上げることを頑張りました!」ってアピールしまくったとしても、面接の場では良いアピールにはなりにくいと思います。「所詮レジ打ちでしょ?」って思われてむしろマイナスになるかもしれません。

かといって「いやいや、たかがレジ打ちと思われるかもしれませんが、お客様の買い物かごの状況、支払い方法、袋の枚数などを瞬時に判断して、スピードを上げるための工夫をし続けたんです」と言ったとしても、やっぱりそれはレジ打ちのスペシャリストであって、就職先の仕事とリンクしないことのほうが多いです。

だから僕もあんまり、自己PRをアルバイトで作ることは推奨していません。他のネタがどうしても見つからないときに仕方なく用意するくらいがいいと思います。

 

インターンは最高のアピールポイントとして活用しよう

インターンについては、明らかに就職ともマッチしているし就職先選びにも関わってくる内容なので、面接官も興味津々です。書くと確実に質問を受けます。

確実に聞かれるからこそ、その質問に対する答え方は重要です。しっかりマスターしましょう。

使えるのは長期インターンだけ。1dayは無かったことに(笑)

まずポイントですが、長期インターン以外は特に書く必要はないです。

1dayインターンとかほとんどアピールにもならないし、逆に「うちじゃなくてインターン行った企業の方が志望度高いんじゃないの?」とか思われても逆効果です。他にも「本命企業なのに1dayしか行かなかったの?」と思われるのも微妙ですよね。だから基本的に1dayインターンは無かったことにしてしまいましょう。笑

そして長期インターンに行っていたとしたら、回答は自己PRのエピソードとして500文字とかでしっかり作っておいたほうがいいです。特にベンチャーの長期インターンだと、実際の業務を任される経験を積むことができます。「実際の業務の中で創意工夫をして、こんな成果を生みました。」っていうアピールができれば、それって業務に直結する内容ですよね。例えばテレアポのインターンだとしたら、営業職でそのまま生かせますので面接官の評価も上がりやすいです。

逆に、特にアピールすることがなければ空欄でも問題はありません。インターン以外でもアピールの方法はいくらでもありますから。1dayインターンを書くくらいなら空欄にしておくことをオススメします。

今日の記事が役に立った人は、このセミナーもオススメです