就活コラム

就活に英語は必要?サラリーマン目線で考えてみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「英語って必要なんですか?」

「自分TOEIC全然点数取れてないんですけど、勉強しておいたほうがいいですかね?」

とこれまで述べ100回以上は質問されてきましたと思いますが、ぼくなりの見解を述べたいと思います。

 

結論、99%の学生にとっては英語は不要だと思うんですよね。

 

ぼくが入社した今の会社も、外資系企業の資本が入ってるし、外国人の役員もいるような、世間的に見たらグローバルっぽい雰囲気の会社。

だけど、入社してからこれまでに英語を使った機会はゼロだし、職場に外国人はほんの数名いる程度。

今の会社でずーっと働いて出世して・・・っていう人生を送っていく上では英語の必要性はまったく感じられないのです。

 

英語が昇格試験の項目になっているという、茶番

一つ疑問に思っていたことがあって、ぼくは最終面接の時に「TOEICの点数は低いみたいだけど、入社してからちゃんと勉強してね」と役員の人に言われたんですけど、結局入社してから使う機会が無いし、英語勉強する時間があったら技術的な勉強とか営業スキルを磨いたほうがよっぽど使えるじゃん!ってずっと思ってたんですね。

 

そしたらある日、上司から「昇格試験でTOEICの点数見られるんだよ」と教えてもらったんですよ。

この時、なるほど!そうだったのか!と、これで謎が解けたんですよ。

だからぼくはあの時面接で「英語勉強しとけ」って言われたのかと。

 

あのアドバイスは「仕事でも英語を使う機会が多いから勉強しておいてね」ではなく、

「英語は昇格における最低条件だから勉強しておいてね」という意味だったんです。

 

つまりサラリーマンにとっての英語というのは、昇格のための道具に過ぎないということ。こんなの茶番だと思いませんか?

ちなみに昇格に必要なスコアはTOEIC600点。茶番ですね〜ww

 

就活のために留学?すこし冷静になったほうがいい

そんな茶番とも言える英語のために大事な大学生活を浪費するのはやめましょう。

仕事で必要なスキルはほかにも山ほどあります。

 

たとえばほんと地味だけど、エクセル・ワード・パワーポイントのスキルのほうがよっぽど使う頻度が高い。

論理的思考とか、情報整理術も非常に大事。

コミュニケーションスキル、ヒアリングスキル、ビジネス敬語とかも重要。

特定の業界に行きたいのなら、業界に関する知識を身につける勉強も大事。

ビジネス雑誌読むのもすごく良い勉強になります。

こういうスキルを身に着けて、面接で「これくらい勉強するの当然ですよね!」ってアピールしたほうが就活で役に立ちます。

 

もしあなたが「とりあえず就活である程度安定した会社に入りたい」という願望を持っているのであれば、将来使うかどうかも分からない会社の茶番に付き合うために英語を勉強するんじゃなくて、実際の業務で役に立つスキルを磨きましょう。

 

英語を生かして働きたいなら当然英語は必要になりますけど、そういう学生なら、「ヤバイ、英語勉強しなきゃ」とか思わないで、とっくに大学1・2年生の頃から自分で行動してるよね普通・・・

取ってつけたように英語を勉強しようと思っているなら、たぶん必要ないのでやめておきましょうw

 

「大学生活なんにもしてないから、留学くらい行かないとヤバイよね〜」

といってぼくの同期はアメリカに語学留学に行きましたが、日本人とつるんでいたので英語も上達せず、ただ太って帰ってきましたのでウケましたw

気をつけましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

全187P【今なら無料プレゼント】
正しい手順が1冊で学べる就活の教科書

就活の正しいやり方が分からず、「このままでは1つも内定が取れないんじゃないか・・・」とお悩みではありませんか?勇気を出して自己分析して過去を振り返ってみたのに、大した強みや軸が出てこなくて途方に暮れていませんか?本書はそんなあなたの悩みを解決するために書きました。


就活は今後の人生数十年を決定づける超絶重要な一大イベントにもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに面接を受け、せっかくのチャンスを無駄にしてしまう方がとても多いのです。私がいただくご相談は、「基礎的な知識が不足している」「間違った知識に流されている」という理由で、選考に落とされ続けているというケースがほとんどです。


■就活を学べる環境が周りにないので、正しい知識を一から学びたい

■一度きりの就活だから絶対に失敗や後悔をしたくない

■せっかく受験を乗り越えて今の大学に入ったから、良い企業に就職して親孝行したい

■行きたい企業が明確なわけではないが、残業が少なく福利厚生が充実しているホワイト企業に入りたい


こうした方のために、正しい就活法の手順を全てまとめました。就活に対する知識不足から不安になったり、間違った行動をしてしまわないために必要なことばかりです。ぜひ今すぐダウンロードし、正しい知識を身につけて失敗のない就職活動を行ってください。


無料でダウンロードする