【就活準備の方法まとめ】最短ステップを紹介しますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

これから就活をはじめていく上で

最短で準備が完了するステップを紹介しようと思います。

もう就活始まっちゃってる人も、もう一回基礎に立ち返るために見ておきましょう。

就活の基本の流れ

まずは基礎なんですが、一般的には以下のような流れで進んでいきます。

1.就活スタート前の時期(大学1年〜大学3年夏ごろ)

準備が早ければ早いほど就活成功率が上がっていくのがずーっと言われている常識です。

この時期にたくさん経験を積んで、エピソードトークを増やしていくと就活が有利に進められます。

オススメは、

  • 長期インターンで実力をつける(ベンチャーがおすすめ)
  • 単位確保した上で、大学外の活動に積極的に取り組む(イベント企画運営、バックパッカー、留学など)
  • 早めにゼミ・研究室に行き、超積極的に研究に取り組む(教授に頼み込めばほぼOK出る)
  • ビジネスに取り組む(アフィリエイト、転売、YouTubeなど。就職してからも続けて副業になる)
  • 株式投資を行う(企業情報集めがそのまま就活に生かせるし、就職してからも続けて副業になる)

とかですかね。集中して何かに取り組めれば、何をやったっていいと思いますが、生活費を稼ぎながら経験を積めることがオススメですよ。

もしインターンの面接受けるなら、この記事を読んでおきましょう。

関連記事:インターンの面接が通過できる!頻出質問の答え方と4の準備

大学生らしくアルバイトやサークルに力を入れるのも楽しいんですけど、あとに残るものがほとんどありません。
大学の授業以外の時間をいかに将来のために投資できるかが勝負です。

2.外資やベンチャーなど、先進的企業で選考開始

一般企業よりも少し早いタイミングで、だいたい大学3年の夏頃に先進的な企業で選考が開始されます。
なおユニクロや楽天など一部の企業では通年採用が行われているので、時期は固定されていません。

本気で外資やベンチャーなどを狙いたい学生は、この時期に動かないとゲームオーバーです。

先進企業の情報は外資就活ドットコムを見ないと始まりません。必ずブックマークしておきましょう。

3.就活情報解禁&企業にエントリー&説明会ラッシュ

大学3年の秋〜冬にかけて99%の企業の就活情報が解禁されて、各企業にはエントリーが可能になります。
経団連の取り決めによって、毎年若干時期がズレるのが注意点です。

関連記事:多くの人が間違えている就活における正しいエントリーの方法

なおこの時期に説明会ラッシュが起きますが、説明会はすべて参加せずスルーすることをぼくは推奨しています。

関連記事:企業説明会の真実【動画講義】

4.エントリーシート・筆記試験

エントリー後は記述式の選考が行われて、学生たちが大量にふるいにかけられていきます。
筆記試験では論理的思考や頭の回転が求められることが多く、苦手な学生は勉強してこなかった過去の自分を後悔することになります。

関連記事:通過しやすいエントリーシートの書き方〜必見の全20手法〜

5.面接(一次〜最終)

エントリーシートや筆記試験を通過すれば面接に呼ばれて、自分の強みや入社したい志望動機などをアピールして自分を売り込みます。
いかに就活友達と面接練習ができたか?が勝負になるような気がしています。

関連記事:就活総まとめ〜面接編〜

6.内定

最終面接で合格通知がもらえたら、晴れて内定獲得ということになります。

これで就活終えてもいいですし、さらに2社目3社目の内定を取るために他社の選考を受けていくのも可能です。
たくさん内定を獲得したほうが入社する企業を吟味して決められるので、3社以上内定を獲得することをぼくはオススメしています。

関連記事:就活総まとめ〜内定編〜

 

以上の流れを踏まえて、いざ就活に挑もうと思った時の準備を最短で進めていくための具体的なステップを紹介します。

準備を最短ステップで進める方法

「志望動機も作らなきゃ」「自己分析もしなきゃな」など迷ってしまいがちなので、次のように進めるのがオススメです。

1.まずは最重要の自己PRを作るべし

就活において最も必要になる準備は「自己PRを作ること」です。

あらゆる企業のエントリーシートで出題され、面接でも「自己PRを話してください」と言われ、履歴書にも自己PRの欄が必ずついていると思います。大学指定の履歴書見てみてくださいね。

作り方はこちらの記事で解説しているので、見ながらまずは作ってみましょう。
関連記事:履歴書やESでの評価を高める自己PRの書き方8ステップ

何をネタにしようか決まらない場合は、この記事を見てください。
関連記事:すぐに決まる!自己PRのエピソード・ネタの決め方

自己PRは最低でも2つ以上作っておいたほうがいいですよ。
関連記事:自己PRはいくつ作るべき?→最低でも2〜3個作ろう

2.業界研究、企業研究をして、受ける企業リストを作る

自己PRが完成したら、あなたが受ける企業リストを作るために業界研究や企業研究をしていきましょう。

自分が得意とする分野にある企業や、倍率が低くて受かりやすい企業を中心に選んでいくことで、内定を取る確率は必然的に上がっていくのでオススメです。

以下の記事でも、どんな企業を選んでいけばいいのか解説しています。

関連記事:多くの人が間違えている就活における正しいエントリーの方法

 

企業選びで役に立つ書籍があります。

それは、就職四季報と業界地図です。悪いことは言いませんので、今すぐ買いましょう!

どうせ後になって買うことになるので、早めに買って知識を増やしておいたほうが絶対に得します。
大事なんでもう一度言います、今すぐ買いましょう!

四季報はこれ↓

その他、情報収集に使えるサイトはこの記事でまとめてありますので、ブックマークしましょう。

関連記事:お気に入り必須のオススメ就活サイトまとめ

3.過去のESを使って練習する

受ける企業リストができあがったら、過去のESを使って練習をしていくことをオススメします。
受験の時も勉強したら演習問題解きましたよね?あれと一緒です。

ESの過去問については「◯◯(企業名) ES」で検索すればたくさん見つかるほか、
まとめてある以下のサイトでも見ることができます。

unistyle

合説どっとこむ

エントリーシート過去問データベース

クオリティ低くてもいいんで、まずは書いてみましょう。まずは書くことが大事です。

ゼロの状態から400文字で志望動機を書いたり、600文字で将来成し遂げたいことを書くのは練習になります。
あとは、答えっぽいのがネットで見つかったりするので見比べると改善点が見つかりますよ。

たくさん書いておけばストックになるので、本番ESのために保存しておきましょう。

文章術についてはこの記事で解説してますよ。

関連記事:通過しやすいエントリーシートの書き方〜必見の全20手法〜

4.面接練習をする。もう一度言う、面接練習をする。

面接練習をする。以上!

やりかたはこの記事で解説してます。

関連記事:就活総まとめ〜面接編〜

就活生の多くは面接練習をやりませんので、やっただけで周りと差がつきます。
就活は周りといかに差をつけられるかが勝負ですからね

それに、できるだけ早い時期から練習をしておくと後から焦らなくてもいいのでオススメです。
インターンでも面接が行われるので、大学2年の冬〜大学3年の春くらいに練習するのがベストですかね。

まずは友達見つけて自己PRを言い合うだけでOKですので、やってみましょう。

インターンの面接受ける前にはこの記事をどうぞ。

関連記事:インターンの面接が通過できる!頻出質問の答え方と4の準備

5.あとはじゃんじゃん選考を受けていくだけ。

ここまでで準備は完了。

あとは一般企業のエントリーが解禁されたら、じゃんじゃんエントリーしてESを提出していきましょう。

たくさんESを出せば、嬉しいことにたくさん面接に呼ばれますので、
面接練習の経験を発揮して、しっかり自信を持ってアピールしていきましょう。

面接準備のために役に立つ「面接準備チェックシート」を無料配布してるので、よかったら使ってみてください。

→ ぼくが書いた就活本を読んで感想を送ってくれた方にプレゼントしています。

 

それと、たくさん面接予定が入ってくると大変になるのがスケジューリングです。

スケジューリング術を学んでおくと、「面接ダブったから片方切らなきゃいけない」なんてことを避けられますよ。

関連記事:就活総まとめ〜スケジューリング編〜

 

たくさんESを書いたり面接を受けていく中でもあなたの力は鍛えられていきますし、内定が取れる確率は上がり、内定数も増えていきます。

ぼくは内定は3社以上取ることを推奨しています。これくらい取っておけば後悔のない選択ができるようになりますよ。

3社獲得したら、自分にぴったりな1社を選ぶために多くの時間を使いましょう。

意外と1社で力尽きて就活終える学生も多いんですが、「本当にこの会社でよかったのかな?」と悩み続けること間違い無し。

関連記事:就活総まとめ〜内定編〜

 

準備は早ければ早いほうがいいよ

周りが全然動き始めていないときこそ、あなたが動き始めるチャンス。

別に大学1年から就活始めても誰からも怒られませんからね。

バイトやサークルも楽しいんですけど生活が堕落しない程度に留めておいて、ほんの少しでいいので将来のために時間を使っていきましょう。

めっちゃ就活始めるのが遅かったKがどれだけ就活を苦労したのか知りたければ、ぼくが書いたこの本を読んでみてください。今なら無料でダウンロードできますので。

始めるのが遅かった人も、焦らず少しずつ準備していきましょう

大学生活が楽しすぎて就活のことから目を背けてきた人も、今から少しずつでいいので準備を進めていきましょう。

まずは自己PR作りからスタートするのがおすすめです。

 

スポンサードリンク

 

ご案内

就活アドバイザーKってナニモノ?

有料級の電子書籍が今なら無料【就活で勝つための教科書】

最近LINEもはじめました。

友だち追加

よく読まれている記事

1位.多くの人が間違えている!就活における正しいエントリー方法とは?

2位.通過しやすいエントリーシートの書き方【必見の20手法】

3位.履歴書やESでの評価を高める自己PRの書き方8ステップ

4位.おすすめの就活本6選

就活ノウハウ、垂れ流し中w

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。