Kが行っていた就活法はここで紹介してます。(無料)

少人数制のコンサルプログラムを今年もはじめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今年も異常なプログラムをスタートさせますよ。

今日は宣伝のつもりではなく、裏で募集していたぼくのコンサルプログラムについて少し書きたいと思います。

今年で6年目に突入するコンサルプログラム

プロフィールのページでも紹介してるんですけど、

「自分でもうまくいった就活法を、後輩にも教えてあげたい!」という素朴な気持ちから始めた就活コンサルプログラムがありまして、今年の募集で6年目になります。

ぼくが2013卒就活生だったので、2014卒の学生向けに始めたのが初年度で、今年は2019卒。

本業はサラリーマンなのでそこまで多くの時間を使えるわけではないんですが、仕事後の時間とか、有休使いながら時間を作って指導を行っています。

最近は関西とか東北とか、地方の学生からの申込も多くいただくようになっていて、一度も会わずにチャットとSkypeだけで指導したりもしてます。

入会してくれた学生たちの頑張りもあって、おかげさまで毎年数多くの成功者を輩出することができております。

あと一応、全然更新してないんですけどこんなページがありまして、過去に指導した学生の内定先や体験談を紹介しています。

参加人数に限りがあります

モットーは「トータルサポート」

最後までありとあらゆるサポートを行うことを大前提に、学生に寄り添った指導を行っています。

人数が多すぎるとサポートの質が落ちてしまうことから、毎年人数制限を設けてあまり多くの学生を集めようとはしていません。申込が多すぎたときはお断りすることもあります。

その代わりに、入会してくれた学生にはこれでもか!と情報を提供し、ESや面接の練習の場を設けたり、自己PRを添削したりしています。

 

その甲斐もあって、参加者の平均内定数は3社を超えていて、

2018卒も指導した学生全員が複数内定することができました。

 

満足度はそこそこ高いはず

毎年学生からはアンケートを取っているのですが、満足度はかなり高いです。

実際のアンケートの内容はこのページに掲載してあるので見てください。

 

たまーに学生からこんな手紙をもらったりもします。

この学生は就職せずに卒業してしまった、いわゆる「既卒」の学生。

新卒とは違うスケジュールで就活を行って、この手紙をもらった直後に10月入社しました。

既卒の指導は始めてだったのですが、普通にめっちゃ有名企業から内定取れたので、たぶん普通の学生と大して変わらないような気がします。

基本的にぼくの提唱する就活法はどんなバックグラウンドの就活生でも通用するので、既卒の学生でも通用することが分かって良かったです。

 

既卒以外にも、単位取れずに留年した学生とか、部活のやり過ぎで就職浪人しちゃった学生とか、いろんな学生がぼくのプログラムに入ってくれていて、みんなが素晴らしい成果を収めています。

 

過去に指導した学生とは今も交流があって、飲み会をしたり、仕事関係で連絡を取ったりすることもあります。

新卒で入った会社からキャリアアップする人もいるので、転職の相談に乗ることもあります。

入会するにはどうしたらいい?

コンサルプログラムの募集は不定期で行っているので、常に募集しているわけではありません。

ただ、案内はメルマガで出すことがほとんどなので、興味がある人はメルマガに登録しておくと良いと思います。

メルマガについては、ぼくの電子書籍をダウンロードすると、その後不定期に送られてくるようになります。電子書籍もおもしろいから読んでね。笑

プログラムの指導方針と流れについて

入会しない学生も、「コンサルプログラムがこんな流れで進んでいるのか」と学べることは重要だと思うので、少し指導方針と指導の流れについてお話しておこうと思います。

ぜひ参考にしてください。

指導方針:後悔しない就活をする

今後40年近く社会人生活を続けるわけですが、新卒就活はそのスタートを切るための非常に重要なイベント。

ここで妥協してしまったら、人によっては取り返しがつかないこともありますので、社会人になってから後悔しないように、就活はありとあらゆる技を使って全力で内定を取りに行きます。

 

後悔にはいろいろあります。

例えば「この業界も受けておけばよかった・・・」と思わないように、軸が少しでもマッチしている業界や企業は必ずエントリーし、ESも提出し、可能であれば滑り止めでもいいので内定を獲得しておきます。

それを支えるのが、「高速でESを提出する技術」と「あらゆる企業に第一志望だと論理的に話す技術」です。

コンサル生にはこの2つの力を徹底的に鍛えさせて、自分の本命企業以外でも待遇の良い企業やホワイト企業など、「最悪、本命が落とされてもここなら納得できるかな」と思える企業の内定を取っておきます。

そうすれば「この業界も受けておけばよかった・・・」ということが無くなりますよね。

 

一つの業界しか受けないのは怠慢だと思っていて、本当はもっとたくさん受けたほうがいいのはわかっているのに、「忙しい」「ESの文章が書けない」「どうせ入社しても仕事はつまらない」「仕事内容が理解できない」とか言い訳を言って、受ける会社を減らす学生が多いです。

けど「高速でESを提出する技術」と「あらゆる企業に第一志望だと論理的に話す技術」さえ身につければ、どんな企業でもほとんど時間をかけずに選考を突破していくことが可能になります。

だから、コンサル生たちは周りの就活生が苦労しているのを横目に、内定をじゃんじゃん取りまくっていくのです。

 

そして、複数獲得できた内定の中から、自分にぴったりな1社を選ぶ。

せっかくたくさん内定が取れたのに最後の選択を間違ってしまったら、また後悔が生まれてしまいます。

なのでぼくは「自分に最適な1社の選び方」というところまで指導を行っています。

このように後悔のない就活プログラムとして、これまでに60名以上の学生を指導し合計200社以上の内定を獲得させてきています。

 

続いて、指導の流れについてお話します。

1.まずは自己PRを作成

入会した学生はまず自己PRを作るところからスタートします。

客観的に見ても完璧な自己PRになるように、何度も添削してより良い文章に仕上げていきます。

自己PRは一つの文章をいろんな業界や企業で何度も使いまわすことになるので、就活においてもっとも重要な文章です。なので妥協することなく添削をし、就活を進めていく中で疑問が出てきたら何度も書き直すようにしています。

2.ES演習と添削

文章ができあがったら過去のESや本番ESを使って、実際にESを書き始めるステップに移ります。

数をこなすことが大前提で、書いた文章をぼくが添削し、アドバイスを行っていきます。

これまでの傾向だと、30社くらい書くとコツを掴んで、文章力が飛躍的に伸びることが多いです。

3.面接練習

どんなに文章が上手でも面接で話せなかったら意味が無いので、面接で話す練習も行います。

直接会って行うのが基本ですが、最近増えている地方の学生のためにSkypeで模擬面接もやっています。Skype面接を取り入れている企業も増えているし、Skypeでも十分効果はあります。

4.コンサル生同士での密な情報交流

実践演習以外では情報交流もかなり力を入れています。

例えば、ESの締切情報の共有。これはES出し忘れが減るので良いですよ。

他にも、「この企業のESは簡単だからすぐ出したほうがいいよ」とか「この企業は必須説明会でESみたいなアンケート書かせられるから準備した方がいいよ」といったような情報も頻繁に飛び交っているので、非常に密なコミュニティになっています。

5.Kの華麗なケツ叩き(笑)

いくら20歳を超えたとはいえ、まだまだ自分に甘い学生も多くいます。

週末までに課題をこなしてねと言われても、やらない。

あなたの属性ならこの企業は絶対受けたほうがいいよと言われても、ESを出さない。

 

忙しくてできませんでした。ゼミがかぶっていてできませんでした。合説に参加したので作業できませんでした。。。

そんな色々言い訳をならべてサボる甘ちゃん学生には、Kからの喝が入ります。

2年前のチャットがあったので、貼り付けます。

全体へのメッセージなので、これは比較的優しめかな。

個別のチャットとかSkypeとかだと、もっと激しい喝が入っていることもよくあります。笑

 

追記)去年のを探したらもっとキツいやつもあった。笑

あまりに進捗が悪かったりすると、ブラックなKが降臨することもあります。笑

 

けどこういうケツ叩きって重要なんですよね。

大学生って怒られる経験が減っているし、何かとダラダラしてしまいがちだから。

それに過去の学生からは「Kさんのケツ叩きのおかげで、気持ちが折れそうな時も踏ん張ることができました!」みたいな声もたくさんもらっていますので、責任を持ってケツ叩きを続けていこうと思います。

※本当にケツを叩くわけじゃないのでご安心を。。。

たまーに進捗をブログにも書いていこうと思います。

このように完全にクローズドコミュニティとして行っているプログラムなんですが、活動内容や進捗についてはブログで記事にしていこうかなと思います。

頑張っている学生は、「自分ももっと頑張らないとな!」と目安にしていただけるとうれしいです。

 

もし、「できれば入会したい」「入会するかもしれないから案内だけでも受け取りたい」と思ったら、電子書籍をダウンロードしておいていただければ登録したメールアドレス宛に案内メールを送ります。

色々事情があって迷惑メールに入りやすくて有名なメルマガになっているので、迷惑メール解除設定をお忘れなく。笑

ぜひ本も読んでね。

 

スポンサードリンク

 

ご案内

就活アドバイザーKってナニモノ?

無料で読める、Kの著書【就活で勝つための教科書】

Kが指導した学生たちからの体験談

よく読まれている記事

1位.多くの人が間違えている!就活における正しいエントリー方法とは?

2位.通過しやすいエントリーシートの書き方【必見の20手法】

3位.履歴書やESでの評価を高める自己PRの書き方8ステップ

4位.おすすめの就活本6選

就活ノウハウ、垂れ流し中w

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。